【平昌パラ】「メガネ先輩」が聖火を点灯、スタジアムに歓声 - 産経ニュース

メインコンテンツ

平昌パラ

「メガネ先輩」が聖火を点灯、スタジアムに歓声

 【平昌=高久清史】平昌パラリンピックは9日、平昌五輪スタジアムで開会式を行い、聖火の点火者の1人として五輪カーリング女子で銀メダルを獲得した韓国チームの「メガネ先輩」こと金恩貞(キム・ウンジョン)選手が登場した。

 大型ビジョンにトレードマークのメガネをかけた顔がうつると、スタジアムに大きな歓声が響いた。金選手はプレー中の表情とは違った笑顔をみせ、聖火を持った男性の車いすを押していき、一緒に点火した。