BIE調査団、会場候補地の夢洲を視察 大阪万博誘致で

 政府が大阪誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催地決定に向けて、来日中の博覧会国際事務局(BIE)の調査団は8日午前、滞在先の大阪市のホテルで松井一郎大阪府知事らから日本側の提案内容についてプレゼンテーションを受けた。

 その後、会場予定地の人工島・夢洲(ゆめしま)=大阪市此花区=を一望できる大阪府咲洲(さきしま)庁舎(同市住之江区)に移動。周辺の立地などを確認した上で夢洲を視察し、日本側から詳しい会場構想の説明を受けた。

 調査団は日本の計画実現性などについて詳細にチェックし、報告書にまとめる。報告書は加盟国が投票する際の判断資料となる。