収入が低くなるほど肥満増、支出別で炭水化物に偏りなども…滋賀医大ら調査結果発表

 一方、摂取エネルギーに占める炭水化物の割合は、世帯年収600万円以上の男性が58・6%なのに対し、200万円未満の男性は61・1%、女性も同56・8%に対し同59・7%と、男女とも年収が低いほど炭水化物の摂取が増えた。チームは「安価なもので腹を満たそうとすると、炭水化物に偏るのでは」と推測。偏った食習慣などが肥満につながる一因とみている。