TOKYO まち・ひと 物語

山谷に交流カフェ建設中 多様性生かした街づくりを 19日までクラウドファンディングで資金集め

 山谷-。住居表示にはないが、南千住駅周辺(東京都荒川区、台東区)にある日雇い労働者向けの簡易宿泊所が並ぶ街だ。もちろん一般住民も住んでいるし、観光客、特に外国人旅行者が安いホテルを利用するため訪れるようになった。

 そんな山谷で、多様性を生かした街づくりを進めているのが、一般社団法人「結 YUI」だ。現在、2軒の観光客向けホテルと1軒の簡易宿泊所を運営。ホテルは外国人が多く、簡易宿泊所は「見守り型」として、社会福祉士や精神保健福祉士が支援している。

 代表理事の義平真心さん(44)は、山谷は地域の人と労働者が対立しがちに見えるという。

 「路上にごみを捨てて汚い」という住民と、排除されて不信感を持つ労働者。そこに外国人旅行者が来ても交流はない。距離を感じることで誤解が生じることもある。

 考えたのが、住民と労働者、旅行者が交流し関係性をつくるカフェの建設だ。

 運営しているホテルの1階にカフェを造り、イタリアで始まった「Suspended Coffee(サスペンデッドコーヒー)」の仕組みを採用。例えば、2杯のコーヒーを買い、1杯を「思いやりコーヒー」として労働者に提供する。ギフトを通して人をつなげる試みだ。