現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

醒めた目で対露政策を考えよ 新潟県立大学教授・袴田茂樹

クリミア併合宣言の3月18日にロシアで大統領選があり、プーチン大統領当選は確実だ。先進7カ国(G7)の対露制裁が強まる中、北方領土問題を抱え、不安定な中東エネルギーに頼る日本は、隣のエネルギー大国も軽視できない。将来は日中関係のほうがより難しくなるので対露関係安定も必要だ。G7の一員たるわが国の対露政策のかじ取りは微妙だ。

平和条約に至る幻想を抱くな

国際的には、トランプ政権とプーチン政権は、当初の蜜月の雰囲気はうせ、最近米露関係は最悪になった。米国は安保・防衛戦略で中・露を最大のライバルとした。欧州連合(EU)は露と、ウクライナ問題でもエネルギー問題でも対立している。ただEUの対露姿勢は国によって異なり、露はそこを狙いEU分断策を進めている。

ランキング

  1. 【浪速風】43歳だった

  2. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  3. 【産経抄】5月28日

  4. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  5. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  6. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  7. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  8. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  9. 【産経抄】5月27日

  10. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

会員限定記事