ロヒンギャ問題

ノーベル平和賞3氏がスー・チー氏を批判 ロヒンギャ問題めぐり

 【ヤンゴン=吉村英輝】ミャンマー治安部隊との衝突で、65万人以上のイスラム教徒少数民族ロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れている問題で、ノーベル平和賞受賞者の女性3人が2月28日、同賞受賞者のミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に「大虐殺」を終わらせるよう訴えた。ロイター通信が伝えた。

 3人は、イエメンのタワックル・カルマン氏(受賞2011年)▽英国のマイレッド・マグワイア氏(同1976年)▽イランのシリン・エバディ氏(同2003年)。

 3人はバングラデシュ南東部コックスバザールのロヒンギャ難民キャンプ訪問後、ダッカで記者会見。カルマン氏はスー・チー氏に言及し、「目を覚ませ、さもなくば訴追される」と述べた。

 3人は現状を把握するため、ミャンマー入りを計画している。スー・チー氏に連絡を数回取ろうとしたが実現していないという。