平昌五輪

「ザギトワに秋田犬贈呈」大館市も前向き ぬいぐるみなどグッズをきょう28日に発送

【平昌五輪】「ザギトワに秋田犬贈呈」大館市も前向き ぬいぐるみなどグッズをきょう28日に発送
【平昌五輪】「ザギトワに秋田犬贈呈」大館市も前向き ぬいぐるみなどグッズをきょう28日に発送
その他の写真を見る (1/3枚)

 平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得した「ロシアからの五輪選手(OAR)」のアリーナ・ザギトワ選手(15)がご褒美に秋田犬(あきたいぬ)を希望していると報じられたことを受け、秋田犬発祥の地とされる秋田県大館市は28日、犬の贈呈に向けて検討を始めた。

 秋田犬保存会の会長を務める日本維新の会の遠藤敬国対委員長が既に秋田犬を贈る用意があることを表明しており、市は保存会と共同で贈呈できないか協議し、今後、ザギトワ選手の意向などを確認する。

 市は同日夕、ザギトワ選手に宛てて、秋田犬のぬいぐるみ▽市の秋田犬キャラクター「はちくん」のTシャツ、帽子▽秋田犬缶バッジ50個▽福原淳嗣市長の手紙-などをロシア・フィギュアスケート連盟に発送する。

 大館市の工藤剛観光課長は「秋田犬を世界に発信してくれたザギトワ選手に感謝の気持ちを込めて、グッズを贈ることにした。犬の贈呈については、飼育が可能かどうかなど本人の意思確認や検疫などの問題をクリアしなければならないが、ザギトワ選手が希望するなら是非贈りたい」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細