【米高校銃撃】トランプ氏が銃規制強化を明確に フロリダ州高校銃撃事件「自分なら丸腰でも現場に突入」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米高校銃撃

トランプ氏が銃規制強化を明確に フロリダ州高校銃撃事件「自分なら丸腰でも現場に突入」

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は26日、全米各州知事をホワイトハウスに集めて開いた会合で、南部フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件を受けた対応を協議し、銃保有の権利を主張し、強い政治力を持つ全米ライフル協会(NRA)との対立を恐れず銃規制に取り組む姿勢を明確にした。また、乱射直後に校舎に入らなかった保安官代理を批判し、「自分なら武器を持っていなくても突入した」と述べた。

 トランプ氏は先週、半自動小銃の連射を可能にして殺傷力を高める装置「バンプ・ストック」の禁止を検討するよう求める大統領令を出しており、会合でも、同装置の規制や、銃購入者の経歴や精神状態の確認を強化することに取り組む考えを重ねて示した。

 銃規制に慎重なNRAについて、トランプ氏は「恐れることはない。たまにはけんかしなければいけない時もある」と語った。

 訓練を受けた教師に校内で銃を隠し持たせ、乱射を抑止する考えも重ねて示した。

 乱射事件では、現場にいた保安官代理が発砲から約4分、校舎に入らなかったとして批判されており、トランプ氏も会合で「不愉快だ」と述べた。ただ、辞職した保安官代理の弁護士は、校舎に入らなかったのは発砲音が校舎の外で起きたと認識したためで、行動は適切だったとしている。