裁量労働制の厚労省データ 異常値新たに233件 安倍首相「まずは精査必要」

 首相は「このデータに依拠して法案を作っているわけではない」と強調した。また「裁量労働制により労働時間が長くなり得ることも認識しているからこそ、(医師の面接指導など)健康確保措置も設ける」などと理解を求めた。

 問題となっているのは「平成25年度労働時間等総合実態調査」で、厚労省は調査票の原本と打ち込んだデータを照合する検証作業を進めている。与党は27日中の予算案の衆院通過を描くが、野党は反発している。

会員限定記事会員サービス詳細