平昌五輪

帰国会見速報(1)小平奈緒「それぞれ花咲かせた」葛西紀明「メダル量産は僕のおかげ(笑)」

【平昌五輪】帰国会見速報(1)小平奈緒「それぞれ花咲かせた」葛西紀明「メダル量産は僕のおかげ(笑)」
【平昌五輪】帰国会見速報(1)小平奈緒「それぞれ花咲かせた」葛西紀明「メダル量産は僕のおかげ(笑)」
その他の写真を見る (1/3枚)

 平昌五輪で冬季五輪史上最多のメダル13個を獲得した日本選手団が26日帰国し、東京都内で記者会見に臨んだ。斎藤泰雄団長らによる大会報告後、主将を担ったスピードスケート女子500メートル金、1000メートル銀の小平奈緒(相沢病院)、開会式で旗手を務めたノルディックスキー・ジャンプの葛西紀明(土屋ホーム)がマイクを握った。

 小平は「たくさんの方々の応援とたくさんのサポートしてくださったみなさんに感謝しています。当初、主将として、私なりの目標として、日本選手団の『百花繚乱』という言葉をあげました。今回、たくさんメダルを獲得できましたが、それぞれの舞台で、それぞれの思いを胸に力強く、最後まで戦い抜いたことをみなさんに見ていただきたかった。たくさんの競技でそれぞれの思いを胸に、花を咲かせてくださったので、メダルを輝かせることができる競技生活を今後とも送っていただけたらと思う。この後に行われる平昌パラリンピックと2020年東京五輪の選手にバトンタッチできるよう、私たちも次のチャレンジに向かって頑張っていく」と述べた。