追悼

金子兜太さん 現代俳句史でんと存在 俳人坪内稔典

 「曼珠沙華どれも腹出し秩父(ちちぶ)の子」

 「どれも口美し晩夏のジャズ一団」

 「暗黒や関東平野に火事一つ」

 これらは若い日の金子兜太(とうた)さんの句だが、表現やイメージが大胆で端的、ちまちましていない。現在でも突出して新しい。

 私が兜太さんに出会ったのは20代のころ、彼の著書「今日の俳句」「定型の詩法」などを読み、俳句を同時代の詩としてとらえる見方に共感した。俳句仲間といっしょに上京、勤務先の日本銀行を訪ねたこともある。コーヒーをおごってもらったが、デパートの屋上から飛び降りる覚悟で俳句をやれ、とアジられた。今になって思うと、それは兜太さんの俳句に向かう姿勢だった。

 五・七・五の小さな俳句は、その小ささへ俳人を閉じ込めがち。内向きにさせるのだ。兜太さんはその傾向に抗(あらが)った。自由律や無季の句を認め、俳句史的には傍流の小林一茶や種田山頭火を研究したが、それらは俳句を広げようとする行動だった。

 2002年に「金子兜太集」全4巻が出た。この年、兜太さんは83歳だったが、そのころからは、俳句そのものよりも、「金子兜太」という存在の魅力が話題になり、その話題を拡大しながら98歳に至ったように見える。