平昌五輪

セカンド鈴木夕湖、堀内孝雄ばりの「ありがとう!」に藤沢五月ら大爆笑 地元・北見に向けて全員で「帰りまーす!」 一問一答

 鈴木「んー、そうですね、本当に全体的に、まあ本当にチームのみんなに助けてもらったなという思いがとても強くて、本当にチームのみんなに感謝しています。ありがとう!(全員が大爆笑)」

 --笑顔、涙、いろんな表情を見せた

 吉田知「ええと、本当にこのメダルが私たちのものになった瞬間は本当に、なんか本当にこうやって夢がかなっていくんだなっていうのを実感することができましたし。

 また、国歌、国旗が揚がったときに2つのアジアのチームが国旗が揚がって、大好きで、本当に大好きな仲間のスウェーデンの国旗も一緒に揚がって、もうこんなオリンピックないなっていうふうに思いますし、30年遅れているって言われていたアジアがこういうふうに2つも国旗を揚げられたことは、あのー、本当にこれからももっと頑張っていこうと励みになりました、アハッ」

 --今メダルをかけている自分をどう思うか

 吉田知「うんとー、自分の弱さを認めて、あのー、よかったなと思いますし、今回の大会であのー、また自分の弱さとチームの強さを体感することができたので、また頑張っていこうと思います」

 --表彰台では初め笑顔、メダル掛けられて泣いていた。どんな思いだった?

 本橋麻里「はい、うれしかったです」

会員限定記事会員サービス詳細