制服図鑑(客室乗務員編)

5代目は森英恵さんデザインのミニスカワンピ スカーフも初採用 日本航空(JAL)

【制服図鑑(客室乗務員編)】5代目は森英恵さんデザインのミニスカワンピ スカーフも初採用 日本航空(JAL)
【制服図鑑(客室乗務員編)】5代目は森英恵さんデザインのミニスカワンピ スカーフも初採用 日本航空(JAL)
その他の写真を見る (1/8枚)

日本航空(JAL)

 日本航空(JAL)は昭和45年7月、「ジャンボ」の愛称で知られる大型機ボーイング747型機の導入に合わせ、客室乗務員の制服を5代目に変更した。デザインは4代目に続き、日本を代表するデザイナー、森英恵(はなえ)さん(92)が担当した。

 5代目制服の特徴は何と言っても、膝上丈のミニスカートだ。初代から現行の10代目までと比較しても最も短いが、当時は世間でもミニスカートが大流行しており、時代を反映したデザインだった。また、ワンピースを初めて採用し、左胸のポケットには「JAL」の刺繍を付けた。客室乗務員の代名詞であるスカーフも5代目で初導入。幅広のベルト、スカーフ、帽子の天井部分は赤を配色してアクセントを付けた。ワンピースの紺と赤の組み合わせは10代目でも用いられており、JALらしい色使いだったといえる。

 「ジャンボジェット」はJALが国内で初めて導入した。計4基のエンジンが特徴で、航続距離が格段に伸びたほか、2階部分を設けて「より遠く、より安く」を実現。平成23年3月に退役するまで大量輸送時代を担い続けた。

□日本航空

設立:昭和26年8月

本社:東京都品川区

代表者:植木義晴・代表取締役社長

社員数:単体1万1449人、連結3万2753人(平成29年3月31日現在)

拠点空港:東京(羽田、成田)、大阪、新千歳、関西、福岡、沖縄、海外など

路線数:181路線(自主運航のみ)

保有機:226機

会員限定記事会員サービス詳細