【平昌五輪】氷上の土下座で韓国世論が軟化 魔女狩り受けたキム・ボルムに代わる標的は… (1/3ページ) - 産経ニュース

速報

速報

川井友香子が金メダル レスリング女子62キロ級

メインコンテンツ

平昌五輪

氷上の土下座で韓国世論が軟化 魔女狩り受けたキム・ボルムに代わる標的は… 

 平昌冬季五輪のスピードスケート女子マススタートで銀メダルを獲得したキム・ボルム選手(25)がレース後、氷上に置いた韓国国旗を前に両膝をつき土下座したことで、これまでキムをバッシングしてきた韓国世論の矛先に変化が現れている。新たな標的は…。

 キム選手は19日に行われた団体追い抜きでチームメートのノ・ソンヨン選手(28)を置き去りにし、敗戦をノ選手の遅れのせいにするような発言をきっかけに批判を浴びた。代表資格の剥奪を求める声も高まり、謝罪会見に追い込まれた。その謝罪が火に油を注ぎ、バッシングは激化。21日の団体追い抜き順位決定戦にキム選手が登場すると、客席の観客は冷たい反応を見せた。

 マススタートで優勝候補だったキム選手は、高木菜那(日本電産サンキョー)に敗れたものの、銀メダルを勝ち取った。しかし、「土下座は自分の言動を韓国国民に謝るため。ごめんなさいという思いしかありません…」と絞り出すのが精いっぱいだった。