デジタル版を正式な教科書に 関連法改正案を閣議決定 32年度からの本格活用促す

 紙と同一の内容とすることで、デジタル版については検定を行わない。また、小中学校の紙の教科書は無償だが、併用段階ではデジタル版は無償とせず、自治体や保護者が費用を負担する必要がある。

     ◇

 デジタル教科書 紙の教科書の内容を、パソコンやタブレットなどの情報端末で閲覧できる教材。指や専用ペンを使って、画像を拡大、縮小することも可能で、動画を見たり、音声を聴いたりすることができる。端末と電子黒板をネットワークでつなぐことで教師と児童・生徒との双方向の授業も可能になると期待される。一方、費用面のほか、目の疲れなど健康面の懸念もある。

会員限定記事会員サービス詳細