平昌五輪

五輪特需を狙ったぼったくりレストランに地元テレビ局が潜入 指摘を受けた店が逆ギレ「食べたくなければ出て行け!」

 平昌冬季五輪前から取り沙汰されていた、会場周辺の宿泊施設やレストランでの「ぼったくり」の問題について、韓国紙「朝鮮日報」傘下のケーブル放送局「テレビ朝鮮」が覆面調査を行い、その実態を暴いた。

 平昌の五輪競技施設周辺のレストランで、外国人にのみ高い値段をふっかける店があると聞きつけた「テレビ朝鮮」は、韓国語が堪能な外国人を調査隊として送り込んだ。

 レストランには通常のハングルのメニューのほか、英語で書かれた外国人専用メニューが置いてあり、ハングルが読めない外国人は英語版を読んで注文する。調査隊はわざと韓国語が話せないよう装って。「オーサムプルコギ(イカと豚バラの甘辛炒め)」を注文した。

 このオーサムプルコギの正規の値段は1万3千ウォン(約1300円)。しかし、外国人専用メニューはで2千ウォン(約200円)が上乗せされ、1万5千ウォン(1500円)と記載されていた。

 食後、調査隊がこの価格差について問い詰めると、店員は「スープが付いているからその値段だ」「外国人にはスープを付けるかわざわざ聞かないので2千ウォン高くなっている」と主張。最後は「食べたくなければ出て行け!」と調査隊を恫喝(どうかつ)した。

会員限定記事会員サービス詳細