ヘリ7倍の水タンク…海自US2を改良「消防飛行艇」、新明和工業が開発中(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ヘリ7倍の水タンク…海自US2を改良「消防飛行艇」、新明和工業が開発中

 同社技術部計画課の郷田雄志課長は「技術的な問題点の解消を進め、要望があれば飛行艇の製造に着手したい」と話した。

     ◇

 【用語解説】US2

 陸上だけでなく海面でも離着水できる救難飛行艇。輸送用機器メーカーの新明和工業(本社・兵庫県宝塚市)が製造し、海上自衛隊が運用している。世界で唯一、波高3メートルの荒波でも離着水できる上、最高速度は時速約580キロ、航続距離は約4700キロと世界最高水準の性能を有する。全長33・3メートル、幅33・2メートルで乗員11人。

▼【関連ニュース】「US2」を追撃せよ! 丸パクリ、中国の最新鋭飛行艇が世界を席巻する日