主張

パシュートの金 「団結と個の力」学びたい

 個人で1500メートル、1000メートルの表彰台に上がった高木は、決勝の序盤を先頭で滑ってオランダをリードした。中盤で逆転を許したが、ラストは再び先頭で牽引(けんいん)して再逆転のゴールを通過した。

 中盤を先頭でつないだ姉の菜那と佐藤綾乃が粘って高木の脚に終盤の爆発力を残した、戦略の勝利でもある。

 高木はレース後「みんなだったから取れた金メダル」と話した。日本の誇る技術力や団結力に個の力が加わったとき、悲願の金メダルが実現した。これは他競技やスポーツ以外の分野にも大いに参考となり、学ぶべき事実だろう。

 スケート王国を下した日本の経験、手法は、すぐに世界で研究され、共有される。

 王者の座を維持するためには、さらなる努力を続けなくてはならない。すべての国際競争に共通する宿命である。

 五輪は、国柄や国民性を再確認する場でもある。平昌の記憶を、それぞれの今後に生かしたい。

会員限定記事会員サービス詳細