竹島の日

「韓国は竹島占拠の既成事実化を強めている」病気療養の島根知事、政府に毅然とした対応求める

【竹島の日】「韓国は竹島占拠の既成事実化を強めている」病気療養の島根知事、政府に毅然とした対応求める
【竹島の日】「韓国は竹島占拠の既成事実化を強めている」病気療養の島根知事、政府に毅然とした対応求める
その他の写真を見る (1/2枚)

 韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。政府は山下雄平内閣府政務官を派遣した。政務官の出席は6年連続。病気療養で欠席した溝口善兵衛知事は「韓国は竹島占拠の既成事実化を強めており、きわめて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応してほしい」とメッセージを寄せた。

 記念式典は同県などが主催し、13回目。山下政務官は「竹島の問題は、わが国の主権にかかわる重要な課題だが、島根県が竹島の日を制定してから13年がたっても韓国の不法占拠が続く現状に政府の一員として忸怩(じくじ)たる思いだ」と述べた。

 政務官の派遣は第2次安倍内閣の発足から6年間続いているが、島根県が求める首相や関係閣僚の出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。

 式典にはこのほか、超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の所属や地元選出の国会議員19人を含め、約450人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長の池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「竹島の記憶を引き継ぐ方々が亡くなっていくのは誠に無念。政府の強いリーダーシップで世論を盛り上げ、領土問題の平和的な解決に結びつけてほしい」と求めた。

会員限定記事会員サービス詳細