平昌五輪

日本が金メダル スピードスケート女子団体追い抜き

【平昌五輪】日本が金メダル スピードスケート女子団体追い抜き
【平昌五輪】日本が金メダル スピードスケート女子団体追い抜き
その他の写真を見る (1/2枚)

 平昌冬季五輪は大会13日目の21日、江陵オーバルでスピードスケート女子団体追い抜き決勝を行い、日本は五輪新記録の2分53秒89でオランダを破り、金メダルを獲得した。日本の金メダルは今大会3個目。今大会の日本選手団のメダル数は11個となり、冬季五輪では1998年長野五輪の10個を上回り史上最多となった。

 日本は1500メートル銀、1000メートル銅の高木美帆(日体大助手)、高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)の布陣で臨んだ。高木美は個人種目を含めて、今大会3個目のメダルとなった。(五輪速報班)