「一方的に発信。子供だなと…」殺すぞ発言で辞職、西宮市長ブログ釈明に副市長 市長選1週間早まる見込み

「一方的に発信。子供だなと…」殺すぞ発言で辞職、西宮市長ブログ釈明に副市長 市長選1週間早まる見込み
「一方的に発信。子供だなと…」殺すぞ発言で辞職、西宮市長ブログ釈明に副市長 市長選1週間早まる見込み
その他の写真を見る (1/3枚)

 読売新聞記者に「殺すぞ」と発言して批判が高まっていた兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)の辞職に同意した同市議会は20日の議会運営委員会で、今村氏の辞職を24日に市選管に通知する方針を決めた。公職選挙法に基づき、市長選は通知の翌日から50日以内に実施しなければならず、4月22日投開票の予定が1週間早まる見込みとなった。

 議運では参加した一部議員から「(辞職願の)同意即日に市選管に通知すべきだ」という意見も出た。ただ、即日に通知した場合、4月8日が投開票日と想定され、4月9日の小学校入学式で投票所の確保が難しいことなどを考慮し、「通知を遅らせるべきだ」などの意見が相次いだ。

 公選法では市長が退職を申し出た翌日から5日以内に、議長が市選管に通知しなければないないと定められている。

 一方、今村氏が欠席のまま辞職願が同意されたことを受け、田中正剛議長は「議会で何かしらの説明があるかと期待していた。最後の場に来なかったのは残念」と語った。