正論大賞贈呈式

安倍晋三首相ビデオメッセージ詳報「真の日本人の精神を取り戻す活動、まさに時代の要請にこたえるものだ」 

 こうした時代にあっても決して色あせることのないもの、それが「正論」であります。わが国の悠久の歴史や伝統、文化に裏打ちされた価値観は、世の中がいかに変転しようとも揺らぐことはありません。そうした中で伝統的な価値観に立脚し、真の日本人の精神を復活させるとの観点から精力的に取り組んでこられた新保先生の活動は、まさに時代の要請に応えるものであり、心から敬意を表する次第です。

 小川さんも政治から外交、安全保障まで幅広い分野にわたって、切れ味鋭い評論活動を進めておられますが、その基礎となっているのは源氏物語をはじめとした古典から現代文学まで、日本人の核となる精神文化に対する深い洞察である、そう確信しています。「古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ」。以前、対談の折に新保先生から教えていただいた松尾芭蕉の言葉です。

 保守の精神を追い求めることが時代を超えて誰の心にも響く、正論につながっていく。大変、示唆に富む言葉であります。

 むしろメディアが多様化し、誰もが発信力を高めている現代において、もはや批判のための批判や、ステレオタイプの言論は通用しない。しっかりとした価値観に根ざした言論、多様な視点に基づく言論こそが今求められています。

会員限定記事会員サービス詳細