平昌五輪

ジャンプ団体公式練習 葛西紀明が1回目日本勢トップの129・5メートル 本戦メンバー入りに前進

【平昌五輪】ジャンプ団体公式練習 葛西紀明が1回目日本勢トップの129・5メートル 本戦メンバー入りに前進
【平昌五輪】ジャンプ団体公式練習 葛西紀明が1回目日本勢トップの129・5メートル 本戦メンバー入りに前進
その他の写真を見る (1/4枚)

 平昌冬季五輪は大会第10日の18日、アルペンシア・ジャンプセンターでノルディックスキー・ジャンプ団体ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS142メートル)の公式練習を行い、葛西紀明(土屋ホーム)は67選手中21人だけが飛んだ1回目で、日本勢トップで全体3位となる129・5メートルを飛んで66・3点をマークし、本戦メンバー入りに前進した。

 小林陵侑(土屋ホーム)は126・5メートルの62・8点、小林潤志郎(雪印メグミルク)は125メートルの57・8点、竹内択(北野建設)は126メートルの57・4点、伊東大貴(雪印メグミルク)は124メートルの56・9点だった。

 本戦は19日午後9時半から行われる。(五輪速報班)

会員限定記事会員サービス詳細