平昌五輪

「持ち味出し切れた」 涙の小平奈緒、ライバルの李相花と抱き合う

 「感動した。本当にうれしい」。中学、高校時代の小平を指導した新谷純夫さん(68)は興奮した様子で喜んだ。「(前半で)あまり早く行き過ぎると力んでしまうと思っていたけど、後半100メートルの伸びはすごかった。レースを見て彼女から力をもらった」

 2010年バンクーバー五輪の後から夏期の自転車を使った練習を指導している幸壬(こうじん)学さん(52)は「ここまで長かった。その間の奈緒の苦労はずっと見てきた。だけど、その苦労した分を取り戻せたかなと思う。すごいとしか言いようがない」と語った。(福田涼太郎)

会員限定記事会員サービス詳細