平昌五輪

ジャンプ団体公式練習 レジェンド・葛西紀明、2回目も飛距離は日本勢トップ

ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル団体 公式練習を飛ぶ葛西紀明=18日、韓国・平昌のアルペンシア・ジャンプセンター(撮影・早坂洋祐)
ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル団体 公式練習を飛ぶ葛西紀明=18日、韓国・平昌のアルペンシア・ジャンプセンター(撮影・早坂洋祐)

 平昌冬季五輪は大会第10日の18日、アルペンシア・ジャンプセンターでノルディックスキー・ジャンプ団体ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS142メートル)の公式練習を行い、葛西紀明(土屋ホーム)は2回目、飛距離では日本勢トップの129メートルをマークした。

 128.5メートルを飛んだ竹内択(北野建設)が得点では日本勢トップの67.6点。小林陵侑(土屋ホーム)は126メートル、小林潤志郎(雪印メグミルク)は125メートル。伊東大貴(雪印メグミルク)は121メートルで、1回目に続き飛距離を伸ばせなかった。

 1回目に続き、エントリーした67選手中21人だけが飛んだ。本戦は19日午後9時半から行われる。(五輪速報班)

会員限定記事会員サービス詳細