平昌五輪

ジャンプLH試技、レジェンド葛西紀明は体力温存で本戦へ 日本勢は竹内択の15位が最高

 平昌冬季五輪は大会第9日の17日、アルペンシアジャンプセンターでノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS142メートル)の本戦前の試技を行い、日本勢は129メートルを飛んだ竹内択(北野建設)の15位が最高だった。小林潤志郎(雪印メグミルク)は16位、小林陵侑(土屋ホーム)は18位。45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は通常通り、試技を飛ばずに本戦に臨む。本戦は17日午後9半にスタートする。(五輪速報班)

会員限定記事会員サービス詳細