平昌五輪

小林陵侑の10位タイが最高 ジャンプ男子ラージヒル

【平昌五輪】小林陵侑の10位タイが最高 ジャンプ男子ラージヒル
【平昌五輪】小林陵侑の10位タイが最高 ジャンプ男子ラージヒル
その他の写真を見る (1/2枚)

 平昌冬季五輪は大会第9日の17日、アルペンシア・ジャンプセンターで、ノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒル(LH、ヒルサイズ=HS142メートル)を行い、日本勢は小林陵侑(土屋ホーム)の10位タイが最高だった。2014年ソチ五輪金メダルのカミル・ストッフ(ポーランド)が同種目連覇を飾った。

 1回目で135.5メートルをマークして7位につけた小林陵は、2回目128メートルで合計258.0点にとどまり、順位を上げられなかった。竹内択(北野建設)は22位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は24位だった。

 45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は1回目121メートルの107.9点で33位に終わり、上位30人の2回目に進めなかった。(五輪速報班)

会員限定記事会員サービス詳細