【平昌五輪】ノロウイルス流行の平昌五輪 ついに選手も感染 「動画」投稿で話題のスイス選手ら2人(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

平昌五輪

ノロウイルス流行の平昌五輪 ついに選手も感染 「動画」投稿で話題のスイス選手ら2人

 平昌冬季五輪で警備スタッフら200人以上が感染したノロウイルスに、スイスのフリースタイルスキー選手2人が感染していたことが16日、明らかになった。選手の感染が報告されたのは初めて。組織委員会は14日、感染が「減少傾向にある」との見解を示していた。

 感染が確認されたのは、男子スロープスタイルのファビアン・ベッシュ(20)。もう一人について、スイス選手団の広報担当者は、まだ家族に知らせていないとして公表していないが、スイスメディアは、やはりスロープスタイルのエリアス・アンビュール(25)だと伝えている。

 ベッシュは2015年のジュニア世界選手権で優勝した期待のホープ。選手村の五輪のモニュメントに上って写真を撮ったり、エスカレーターの手すりに片手でぶら下がり外側を上がっていく動画をSNSに投稿したりして、話題になっていた。