挑戦続けた生涯しのぶ 茨城県信組会長・幡谷祐一氏お別れの会に600人 - 産経ニュース

メインコンテンツ

挑戦続けた生涯しのぶ 茨城県信組会長・幡谷祐一氏お別れの会に600人

 1月11日に94歳で死去した県信用組合会長の幡谷祐一(はたや・ゆういち)氏のお別れの会が15日、水戸市千波町の水戸プラザホテルで開かれた。午前中には、大井川和彦知事や県選出の国会議員、県議、財界人ら約600人が参列し、生涯学ぶ姿勢を貫き、挑戦を続けた幡谷氏をしのんだ。(上村茉由)

                   ◇

 お別れの会では全員で黙祷(もくとう)をささげた後、映像で幡谷氏の生涯を振り返った。自民党の額賀福志郎元財務相(衆院2区)やトヨタ自動車の豊田章男社長が弔辞を読み上げ、幡谷氏の長男で茨城トヨペットの幡谷定俊社長が「本当に多くの方に愛された94年3カ月の人生だった。父の後ろ姿を追いながら今後もしっかりと生きていく」と謝辞を述べた。

 幡谷氏は県政財界に多大な影響力を持つとともに、自身も86歳で博士号を取得するなど、教育や文化の振興に尽くした。

 幡谷氏が後援会長を務めた前知事の橋本昌氏は「親にも勝る愛情を注いでもらい、多くのことを教わった」と振り返った。

 同じく幡谷氏が後援会長を務めた自民党の岡田広参院議員は「茨城ばかりではなく、日本のためにも活躍された方だ。学ぶことの大切さを教えてくれた」と話した。