話の肖像画

歌舞伎俳優・松本白鸚(3) 被災地から届いたサンマ

〈戦争や自然災害の後こそ、心の復興を願い、高麗屋は旅公演を続けてきた。24年には、東北のファンから思いがけない贈り物を受け取った〉

「ラ・マンチャの男」1200回のとき、東日本大震災で被災され、仮設住宅に住む岩手県の方から、青くピカピカに光ったサンマをたくさん、送っていただいたんです。お礼の電話を差し上げたら、あなたの「勧進帳」と「ラ・マンチャの男」に勇気づけられたから、お祝いですって。その晩、大根おろしで頂いたサンマのおいしかったこと。ぽろぽろ涙がこぼれました。役者の仕事ってこういうことなんだ、って思い知らされました。

ただ技芸を見せるものではなく、思いをきちんとお伝えしなければならない。

〈今年4月、名古屋・御園座での襲名披露興行で、「勧進帳」の弁慶を演じる〉

新開場する御園座のこけら落とし公演で、どうしても弁慶を、とご要望を頂きました。名古屋は播磨屋の祖父(初代中村吉右衛門)、父(初代白鸚)も毎年のように伺って、私も半世紀以上のお付き合いがあります。1月の新幸四郎の弁慶も、刺激になった。息子といえどもライバルです。私はお客さまが望んでくださる限り、弁慶を演じ続けたいと思います。

(聞き手 飯塚友子)

(4)へ進む