平昌五輪

ソチ落選の悔しさばねに…筋力強化で「高さ」体得 6位入賞の松本遥奈 スノボ女子ハーフパイプ

 手を付けていなかったウエートトレーニングに目を向け、全身を鍛えた。下半身は雪を踏む力、体幹は着地で踏ん張ったり空中姿勢がぶれなかったりする要素になる-。すべては「強くなるために必要なこと」と考えた。

 肉体の強化により、安定感が増した。昨年の世界選手権では2位。努力は自信になり、平昌でも技を決めた。「すごく楽しかった。五輪のわくわく感、どきどき感を感じながら滑れたので、そこが一番楽しかった」。24歳は納得の表情を浮かべた。

会員限定記事会員サービス詳細