衆院予算委

野党は国税庁長官を標的に攻勢 与党は国会招致を拒否 財務省内部文書めぐり攻防激化

 そうした政府・与党の姿勢に対し、立憲民主党の辻元清美国対委員長は党代議士会で「答弁が虚偽ではないか。自民党国対委員長は『招致を検討する』と言ったが、早く検討しろと(言いたい)」と牽制した。

 野党側は、佐川氏の国会招致が実現しない場合、衆院財務金融委員会などでの予算関連法案の審議を拒否する動きもある。自民党の森山裕国対委員長は記者会見で「野党がそんな見識のない話をされることはないと信じている」と語ったが、与党内では「このままでは佐川氏をかばっていると世間に思われかねない」(国対幹部)との懸念も強まっている。

(田中一世)