枚方のゆるキャラ「みっけちゃん」台湾で大阪万博誘致をPR(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

枚方のゆるキャラ「みっけちゃん」台湾で大阪万博誘致をPR

台北国際動漫節で大阪万博誘致をPRした「みっけちゃん」(右から3体目)
台北国際動漫節で大阪万博誘致をPRした「みっけちゃん」(右から3体目)

 枚方市の樟葉宮(くずはのみや)表参道商店会のマスコットキャラクター「みっけちゃん」が、台湾で開催された「台北国際動漫節」に出演した。昨年7月のフランス「ジャパンエキスポ」に続く海外出張となったみっけちゃんは、得意のバレエで現地の人たちを魅了。2025年に誘致を目指す大阪万博のPRも行って注目を集めていた。

 今年で6回目となった台北国際動漫節は、台湾最大級の漫画・アニメイベント。日本のポップカルチャーを紹介するために、日本企業も多く出展しており、ゆるキャラも参加している。今年は、みっけちゃんのほか、平成27年のゆるキャラグランプリで優勝した「出世大名家康くん」(浜松市)、28年に優勝した「しんじょう君」(高知県須崎市)など計5体が招待された。

 みっけちゃんは会場で大阪万博誘致のアピールだけでなく、府や枚方市のPR動画も紹介。仲良しでもある府の広報担当副知事を務めるゆるキャラ「もずやん」の人形も持ち込んで、地元の売り込みを行った。ステージでは、得意のバレエを生かしたパフォーマンスで客席をわかせた。