鳥取最大規模の酪農場「みんなの牧場」完成 県内初の回転式搾乳機導入

 今月15日にまず30頭の牛を導入し、その後1月当たり約50頭を導入。乳牛(成牛)が600頭規模になる来年10月以降、年間4500トンの生乳生産を目指す。発電では年間93万キロワット時の売電を計画している。

 要員は15〜20人を予定。岡本社長は「生産基盤、乳量を安定させ、就業人数を増やし、後継者育成に頑張りたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細