【自衛隊ヘリ墜落】墜落機は直前にメインローターつなぐ部品交換 小野寺五典防衛相が明かす - 産経ニュース

メインコンテンツ

自衛隊ヘリ墜落

墜落機は直前にメインローターつなぐ部品交換 小野寺五典防衛相が明かす

 小野寺五典防衛相は6日午前の記者会見で、佐賀県神埼市で民家に墜落した陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターは、直前の整備でメインローター(主回転翼)の4枚の羽根をつなぐ「メインローターヘッド」を交換したばかりだった経緯を明らかにした。

 小野寺氏によると、墜落直前に50飛行時間ごとの定期整備を行った際、あわせてメインローターヘッドを交換した。1750飛行時間ごとに行う規定になっており、自衛隊で同型機のメインローターヘッドを交換したのは3例目という。

 事故機は墜落直前にメインローターが脱落したという目撃情報がある。小野寺氏は事故との関連については「精査する必要がある」と述べるにとどめた。