産経抄

貴乃花親方の負った傷…「力士の勲章」か、致命傷か 2月4日

 ▼力士が自らの太鼓腹を開いて手術しようとするものの自覚症状が乏しく、どこが悪いか見えていない。それが相撲協会である。貴乃花親方が組織の非を鳴らしたところで、横綱時代と同じ「黙して語らず」の姿は角界の常識に縛られた一人にすぎないことを物語る。

 ▼父の先代貴ノ花は「技に心が脈打っている」と評された気骨稜々(りょうりょう)の名大関だった。実績では父を超えた「平成の大横綱」だが、テレビカメラの前で見せた謎の笑みからは、脈打つ心が読み取れなかった。選挙で負った深手は、いつか報われる向こう傷か。手当ての及ばぬ致命傷か。

会員限定記事会員サービス詳細