view 写

山梨県・河口湖 霊峰富士と冬の大輪

【view 写】山梨県・河口湖 霊峰富士と冬の大輪
【view 写】山梨県・河口湖 霊峰富士と冬の大輪
その他の写真を見る (1/2枚)

 日没後の湖畔で、一気に気温が下がっていくのを実感した。指先が痛い。湖面を見ると、薄い氷が張り始めていた。

 午後8時。澄み切った夜空に花火が打ち上がると、雪化粧した富士山と大輪の花の共演に、集まった見物客から歓声が上がった。

 冬にも観光客を呼び込もうと、山梨県の河口湖(富士河口湖町)で平成10年から始まった花火大会は今季で21回目。今年は2月18日までの土日と23日の「富士山の日」に開く。20分間で1800発の花火が冬の夜空を彩る。

 富士山と花火-。見慣れないシーンを一枚の写真に収めようと撮影に臨んだが、これが難しかった。富士山が月明かりに照らされる日を狙ったが、肝心なときに山頂部が雲に隠れたり、花火の煙で覆われたりしてしまう。結局、納得いく一枚を撮影するまで、寒さと戦いながら計4回、湖畔に足を運んだ。

 周囲ではさまざまな言語で歓声が聞こえ、外国人観光客の多さに驚いた。富士急行河口湖駅では、電車・バスの利用者の8割が外国人という。最近では中国や韓国に加え、タイなど東南アジアからの訪問者が増えている。

会員限定記事会員サービス詳細