スゴ技ニッポン

国内初のバイオペットボトルでCO2削減!三ツ矢サイダー(1.5リットル)に注目

【スゴ技ニッポン】国内初のバイオペットボトルでCO2削減!三ツ矢サイダー(1.5リットル)に注目
【スゴ技ニッポン】国内初のバイオペットボトルでCO2削減!三ツ矢サイダー(1.5リットル)に注目
その他の写真を見る (1/4枚)

 飲料大手のアサヒ飲料が環境にやさしいペットボトルの開発に取り組んでいる。なかでも植物由来の原料を使用したペットボトルの開発に力を注ぐ。平成28年には業界で初めて炭酸飲料の一部商品のボトル、キャップ、ラベルの全資材の一部に植物由来の原料を使用した「オールバイオペットボトル」を採用した。研究開発本部技術研究所生産技術グループ主任の本多隆一氏は「オールバイオペットボトルの普及拡大で、環境負荷低減に努めたい」と意欲を燃やす。

国内初の植物由来ボトル

 --バイオペットボトルの採用に乗り出したきっかけは

 「当社はかねてボトルの軽量化や小型化などによる省エネ化に取り組んできた。しかし、軽量化技術などは限界に近いところまできている。こうした中、消費者の環境問題に対する意識は年々高まっている。消費者ニーズに対応するためには、新しい観点から環境負荷低減を進める必要がある。そこで原料そのものを見直した。26年にはペットボトルの原料に植物由来を使用した商品の導入の検討を開始。27年には国内初となるボトルの一部に植物由来の原料を使用したバイオペットボトルを採用した」

 --オールバイオペットボトルを採用している商品は

会員限定記事会員サービス詳細