草津白根山噴火

草津国際スキー場、客5分の1に激減 経営安定へ解決策模索

 本白根ゲレンデは今季の営業再開が見込めず、このまま来場者が減り続ければ、スキー場の存続も危うくなる。

 草津町の黒岩信忠町長は30日、「従業員の雇用を守り、経営の安定化を図る必要がある」とし、「リフトをかけかえ、ゲレンデを拡大するなど新たな枠組みのスキー場を再構築したい」との考えを示した。