【ソロモンの頭巾】長辻象平 タイゴースト 妖精のような艶やかさ…アメリカザリガニの華麗な変身(4/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ソロモンの頭巾

長辻象平 タイゴースト 妖精のような艶やかさ…アメリカザリガニの華麗な変身

 「欧州では、導入種のシグナルザリガニが運んだミズカビが在来ザリガニ類に蔓延(まんえん)した例があります」

 また、もしも色彩以外の行動などに関係する遺伝形質も変化していたら、国内のアメリカザリガニが苦手としていた自然河川にも次々、進出する可能性を否定できなくなってくる。

 「体系的なリスク評価が必要だと思います」

 「タイゴーストは、ネット時代の落とし子」と森さんは語る。世界の人々が華麗な姿を目にして話題になり一気に存在感を増した。本場のタイでの人気はますます高く、専門誌の刊行も始まったという。

 日本で飼う場合、タイゴーストがアメリカザリガニであることを忘れてはならない。野外に放さず、逃げられずの心配りが必要だ。