コアラの赤ちゃん、名前の投票受け付け中 神戸・王子動物園、候補は3つ

母親にしがみつくコアラの赤ちゃん(神戸市立王子動物園提供)
母親にしがみつくコアラの赤ちゃん(神戸市立王子動物園提供)

 神戸市立王子動物園(同市灘区)は、昨年5月に誕生した雌のコアラの赤ちゃんの名前を募集している。ビューティー▽ぼたん▽べっぴん-の3候補から来園者に選んでもらう形式で、最も投票が集まった名前に決める。担当者は「赤ちゃんを実際に見て、ぴったりと合う名前をつけてほしい」と呼びかけている。

 同園によると、赤ちゃんは昨年7月に9歳で死んだ父親「アーティ」と母親「ウメ」(7歳)との間に誕生した。生まれたときの体重は約1グラムだったが、今では約1キロにまで成長している。母親の袋から出て元気に動き回り、来園者を楽しませている。

 2月4日までコアラ舎の観覧通路に投票箱を設ける。投票結果は即日開票され、同園がホームページで発表する。

会員限定記事会員サービス詳細