平昌五輪

聖火リハ写真を配信…IOCがロイターの開会式取材を不許可に 記者の許可証も没収

 【平昌=時吉達也】平昌五輪の開会式で聖火を点灯させるリハーサルの様子を不正に配信したとして、国際オリンピック委員会(IOC)はロイター通信に対し、開会式の取材を認めないことを決めた。

 ロイター通信は29日午前0時30分ごろ、白い壺の形をした聖火台に点火する場面の写真を配信。平昌五輪組織委員会の抗議を受け、同9時20分ごろ写真を削除したが、すでに契約メディアを通じ国内外で報道されていた。

 組織委は「開幕式(リハーサル)の主要部分については報道しない契約になっていた」と説明。IOCは撮影記者の取材許可証も没収した。五輪委関係者は韓国紙の取材に対し、「点火場面が公開されてしまった以上、点火方式の変更も検討する」と話した。