JR九州がダイヤ改正を一部見直し 社長「可能なものは対応」

 JR九州の青柳俊彦社長は26日の記者会見で、3月に計画する在来線などの減便を盛り込んだダイヤ改正について「たくさんの意見をいただき、必要な検討を行っている。3月までに修正が可能なものについては対応したい」と述べ、一部で見直しに応じる考えを明らかにした。

 ダイヤ改正の発表後、沿線自治体から見直しを求める要望が相次いでいる。

 青柳氏は、通学の足が確保できないとの指摘があったことなどを挙げ、「(利用状況を)十分に把握できていると過信していた。ミスがあった」と述べた。

 一方で青柳氏は「ローカル線を維持するには、効率化が必要だ」との考えを重ねて示し、自治体や住民の理解を求めた。

会員限定記事会員サービス詳細