【映画深層】キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」(4/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

映画深層

キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」

 「だからこの少年が僕なんですよ」と認める映画の結末は…。「平たい言葉でいえば、出会いは明日をつなぐということですね」とにっこりとほほ笑んだ。

(文化部 藤井克郎)

 「星めぐりの町」は、1月20日に愛知・イオンシネマ豊田KiTARA、トヨタグランドなどで先行公開後、1月27日から東京・丸の内TOEI、大阪・梅田ブルク7、福岡・イオンシネマ福岡、札幌・ディノスシネマズ札幌劇場、仙台・MOVIX仙台など全国公開。

 小林稔侍(こばやし・ねんじ) 1941年、和歌山県生まれ。61年、東映ニューフェースに合格。東映東京撮影所製作のアクション映画、任侠(にんきょう)映画、テレビドラマなどに多数出演する。主な作品に映画「冬の華」(78年)、「楢山節考」(83年)、「学校III」(98年)、「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)、「珈琲時光」(2003年)など。テレビドラマは「なんでも屋探偵帳」シリーズ、「税務調査官・窓際太郎の事件簿」シリーズ、「夢暦長崎奉行」など数多くの人気番組に主演している。