男子中学生と淫行 巡査長を書類送検 千葉

 インターネット上の掲示板で知り合った県内在住の男子中学生にみだらな行為をしたとして、県警監察官室は18日、県青少年健全育成条例違反容疑で勝浦署留置管理課の男性巡査長(29)を千葉地検に書類送検し、停職6カ月の処分としたと発表した。巡査長は容疑を認め、同日付で依願退職した。

 同室によると、巡査長は第一機動隊勤務だった平成28年9月上旬と中旬、2回にわたり、公共施設が入る複合ビルのトイレの個室などで中学生にみだらな行為をしたとしている。金銭や物品の授受はなかったという。29年5月に20代の女性から「巡査長が独身と思って交際していたが、結婚していた」との通報が県警にあり、調査過程で発覚した。

 古川等首席監察官は「警察官として言語道断の行為で、被害者および県民の皆様に心からおわび申し上げます」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細