セクハラの隠れ蓑になっていた「強制仲裁」を求める雇用契約 廃止したマイクロソフトに他社は続くのか

 方針転換は、もともと雇用契約に強制的仲裁条項が通常は含まれていないマイクロソフトにとっては比較的シンプルに実行できることだろう。スミスはブログポストのなかで、12万5%2C000人の従業員のなかの「ごく一部」の雇用契約に「ハラスメントの申し立てにおける強制的仲裁条項が含まれている」と書いている。対象になるのは数百人だ。

 マイクロソフトの広報担当者はまた、新法案と同様に性差別に関する事件での仲裁も強制しないと述べている。

会員限定記事会員サービス詳細