ダイビング講習中に東京の男性死亡 伊東沖

 14日午前10時40分ごろ、伊東市富戸の沖合約250メートルの海上で、スキューバダイビングの講習を受けていた東京都渋谷区の不動産業、水谷信二さん(42)が意識不明となり、病院に搬送されたが、死亡が確認された。伊東署によると、現場の水深は約6メートルで、水谷さんはインストラクターとともにダイビングをしていた。

会員限定記事会員サービス詳細