京都で唯一の路上靴磨き青年、邪険にされながらも「心まで磨き上げるサービス」信条に「モノを大切にする気持ち良さ」訴え

東急ハンズ京都店の店先で靴磨きをする寺島直希さん=京都市下京区
東急ハンズ京都店の店先で靴磨きをする寺島直希さん=京都市下京区

 街の路上から靴磨きが消えつつある中、京都で道行く人の靴を磨き続ける「シューシャインボーイ」の大学生がいる。京都産業大4年の寺島直希さん(23)。「お客さんがその日一日を気持ち良く過ごせるように」。確かな技術と気さくな話術で、靴だけでなく客の心まで磨き上げるサービスが信条だ。(宇山友明)

京産大生の「シューシャインボーイ」 料理人の父が包丁研ぐ姿を見て

 多くの人々が行き交う繁華街・四条烏丸。寒空の夜、東急ハンズ京都店(京都市下京区)の店先で、小さな椅子に座った寺島さんが、客と談笑しながら膝の上に載せた靴を磨いていた。旅行や洋服など、多彩な話題で場を和ませつつ、手は休めない。約15分後、靴は見違えるようにピカピカになった。

 「原点」は、料理人の父親の存在。幼いころ、自宅で包丁を研ぐ姿を見て、自分も愛用する野球グラブを欠かさず手入れするようになった。ファッション好きだったこともあり、大学生になると革靴に魅了され、丹念に磨くのが趣味に。一つの「モノ」を大切にする気持ち良さを知った。

会員限定記事会員サービス詳細