児童文学作家の森山京さんが死去 「きつねの子」シリーズなど

 森山京さん(もりやま・みやこ=児童文学作家)7日、脳出血のため死去、88歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男、索(さく)氏。

 東京都生まれ。「きつねの子」シリーズなど数多くの児童文学作品を手がけた。平成2年、「あしたもよかった」で小学館文学賞、8年に「まねやのオイラ旅ねこ道中」で野間児童文芸賞。26年、日本児童文芸家協会から児童文化功労者として表彰された。