スポーツ異聞

韓国の野球代表監督「100年に1人出るかの選手」 べた褒めされた大谷翔平

【スポーツ異聞】韓国の野球代表監督「100年に1人出るかの選手」 べた褒めされた大谷翔平
【スポーツ異聞】韓国の野球代表監督「100年に1人出るかの選手」 べた褒めされた大谷翔平
その他の写真を見る (1/2枚)

 野球が「国技」と称される韓国。野球の本場、米大リーグに2017年シーズンは6人を送り込んでいたが、18年シーズンには大幅に減る見通しで「冷たい風が吹く見込みだ」(中央日報)と嘆いている。

 対照的に、日本からはヤンキースの田中将大(29)やダルビッシュ有(31)、イチロー(44)、前田健太(29)ら活況を呈し、「薫風が吹いている」(中央日報)とうらやんでいる。特に18年からポスティングシステムでエンゼルスに移籍する大谷翔平(23)に対しては日本並みに移籍の動向を報じたほど。2015年11月に開催された国際野球大会「プレミア12」で韓国打線が完璧に抑えられて以降、素晴らしき好敵手として力量差を認め、何かにつけて韓国メディアは報道してきた。野球の代表監督は「100年に1人出るかどうかの選手」とべた褒めで、米国でも「二刀流」は成功すると太鼓判を押した。

 2017年シーズンに大リーグの舞台を踏んだ韓国人選手は、投手で阪神でも活躍した呉昇桓(カージナルス)ら2人、野手では秋信守(レンジャーズ)ら4人の計6人だった。ところが、黄載釣、朴炳鎬が成績不振で韓国リーグに復帰することを決断。さらに35歳の秋には絶えずトレード説が飛び交い、シーズン後にFA(フリーエージェント)宣言した金賢洙だが、移籍先が決まらず、韓国リーグへの復帰を選択。呉昇桓も退団が有力視されていると中央日報は伝える。

 大リーグ側から見れば、助っ人の外国人は成績不振では容赦なくお払い箱の憂き目に遭う。

会員限定記事会員サービス詳細